あなたの歯のお悩みを相談してください。私たちと一緒に解決しましょう。

  • HOME >
  • 虫歯のQ&A

虫歯のQ&A

Q.初期虫歯って治るの?

はい、ごく初期の虫歯は治ります。歯の表面が白く濁って見える状態、いわゆる表層で脱灰という段階であれば、しっかりブラッシングをしていれば唾液中のカルシウムが歯の表面に沈着するいわゆる再石灰化が起こり、治るのです。

Q.乳歯は永久歯に比べて虫歯になりやすい?

はい、そのとおりです。乳歯は歯のカルシウム分子であるハイドロキシアパタイトの密度が低く、虫歯菌が出す酸による脱灰が進行しやすいのです。ですからフッ素入りのスプレーやジェルを歯に塗ったり、フッ素入りのハミガキペーストでブラッシングしたり、あるいは定期的に歯科医院でフッ素を塗ってもらうことが乳歯の虫歯予防で重要になります。
また、萌出したばかりの永久歯もハイドロキシアパタイトの結晶が完成されておらず、酸に溶けやすい状態です。ですから乳歯と同様にフッ素による虫歯予防が重要となります。

Q.歯が抜けたのを放置しておくと歯ならびが悪くなる?

はい、そのとおりです。歯が抜けたまま放置すると抜けた歯の両隣りの歯が、歯のないスペースへ傾斜移動するため、歯ならびが悪くなるだけでなく咬み合わせも悪くなります。
乳歯も虫歯や外傷で本来抜け替わる時期よりも早めに抜けてしまった場合、両隣りの歯が移動して後ろから萌えてくる永久歯のスペースが狭くなってしまうため、歯ならびが悪くなります。
乳歯だからと言って軽く考えると子供の歯ならびに甚大な影響を及ぼします。

Q.虫歯は早期に痛む時とかなり進行してからでないと痛まない場合があるけど?

乳歯や萌出間もない永久歯の虫歯は進行が早く、痛みが出やすいのですが、萌出にある程度時間が経った永久歯の虫歯は進行が遅く痛みもほとんど出ません。
気がつかないうちにいつの間にか進行しているため、痛くなくても歯科医院で定期健診を受けることが重要になります。

Q.歯周病って治るの?

歯と歯ぐきの間の溝、いわゆる歯周ポケットが3~4mmであれば歯石を定期的に除去して正しくブラッシングをしていれば治ります。
5mm以上だと、歯周外科手術を受けないと治らない場合が多いです。歯周病もゆっくりと気付かないうちに進行するため、定期健診を受けて早めに治療することが重要になります。

Q.歯石はブラッシングでは落とせないの?

プラークはブラッシングで落とせますが、歯石はその名のとおり石のように固いのです。
歯石はプラークに唾液中のカルシウムが沈着して固まって出来上ったものです。
スケーラーと言って歯石を落とす専用の器具を使わないと落ちません。

Q.歯石はどのくらいの間隔で落としてもらえばいいの?

歯周ポケットが3~4mmぐらいであれば6ヶ月に1回、5mm以上であれば3ヶ月に1回というのが一応の目安となります。

Q.保険が効く治療と効かない治療があるようだけど?

あまり進行していない虫歯の治療と歯周病の治療は保険が効きます。
歯にかぶせ物をしないといけないぐらい進行した虫歯は、保険だと銀色になりますが、保険外だと白いかぶせ物が出来ます。
歯の神経の治療は全て保険が効きます。入れ歯はプラスチック製のものは保険が効きますが、金属製の入れ歯は保険が効きません。
部分入れ歯では残っている歯に架けるバネのない入れ歯、ノンクラスプデンチャーというものがありますが、これも保険外です。矯正治療は原則として保険外です。

Q.矯正治療はいつ始めるのがよい?

ケースによって違いますが、骨格性の歯列不整、いわゆる出っ歯の人、受け口の人、あるいは開口と言って上下の前歯が咬み合わない状態の人は早めに治療を開始すべきです。それこそ3~4歳から治療が必要な場合もあります。
一方、乱ぐい歯と言って、歯ならびが凸凹の場合は、ある程度永久歯が萌えそろうまで、例えば10歳~12歳ぐらいまで様子を見てから矯正治療を開始することもあります。

Q.矯正治療が出来るのは何歳まで?

基本的には年齢制限はありません。それこそ50~60歳でも矯正は可能です。ただ高齢になる程歯の移動が遅く矯正治療に時間がかかります。やはり35才ぐらいまでに矯正するのが理想でしょう。

Q.インプラントってどういう治療?

チタンやジルコニアと言った人体になじみやすい素材で出来ている人口歯根です。
骨に直径8~15mmぐらいの穴を開け、インプラント体をネジ込みます。その上にすぐにかぶせ物をする場合と3~4ヶ月経ってからかぶせ物をする場合の2通りがあります。
糖尿病や骨粗鬆症の方はインプラントが出来ない場合があります。

Q.インプラントってどのくらいもつの?

メンテナンスをしっかりやれば一生もちます。定期的なクリーニングの目安は3~4ヶ月に1回です。日々のブラッシングも重要です。ハブラシだけでなく、デンタルフロスや歯間ブラシなどの補助清掃器具も使うとよいでしょう。


▲ページの先頭へ戻る

Copyright(C) スマイル歯科クリニック All rights reserved.